MでHな生活

mhの生活記録.確かにMでHな人間だが,それらのことがメインではもちろんありません.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Commen(-)
ウィーン旅行記2
すっかり間が空き,ウィーンでの記憶も薄くなった今日この頃,やっと後半を書く気になりました.

IMGP1245.jpg

シュニッツェル!
ウィーン料理の代表.
ビールと出会うために生まれてきた.

IMGP1267.jpg

オープンテラスのカフェに張ってあった広告.
ウィーンにはすごいお酒(?)があるみたいだ.
店員に「あれなんですか」と聞く勇気は無かった.

IMGP1283.jpg

何とかビアクリニックというビールやさんの自家製ビール.
こんなうまそうなビール見たこと無い.
そしてこんなうまいビール飲んだこと無い.
つまみもうまいし,この店,ウィーンで一番のヒット.
そして,ウィーンで一番の出費をしてしまいました.

IMGP1427.jpg

ウィーンから西へ行ったデュルンシュタインという小さな町のお城.
山の上にあり,今は廃墟.

IMGP1455.jpg

そのお城,頂上からの眺め.
ドナウ川とブドウ畑.

この町は中世の面影が面影どころかしっかり残ってる.
タイムスリップでした.ほんと.

IMGP1487.jpg

泊まってたホテルの屋根からの眺め.
昼間っからホイリゲ(新酒のワイン)でスーパーハイになった一行は,
屋根の上へ飛び出していったのでした.
この景色はなかなか見れるもんじゃないよ.

IMGP1543.jpg

音楽の都ウィーン.
最後の夜はウィーン王宮何とか楽団のコンサートへ.
酔っ払ったまま.
酒の力も手伝って,いや飲んでなかったとしても,楽しいコンサートだった.
クラシックのコンサートなんて小さいときに行って寝て終わって以来だけど,
ここのはすごく楽しくて1時間半があっという間だった.


そんなわけで,ウィーンは最高に楽しいところでした.
食べ物と酒がうまいだけで,旅行する場所として合格点.
ヨーロッパってアメリカと違って歴史が長いから,
街並みを見てるだけで楽しい.
道行くおねえちゃんたちを見てるだけで楽しい.
今度はヨーロッパ中電車で回りたいな.
一回だけ郊外へ行くのに急行列車に乗ったけど,
「世界の車窓から」がなんで面白いか分かった.
見たこと無い景色が世界にはいっぱいあるんだなー.

とりあえず国内往復タダで乗れるマイルが貯まったんで
(今回の旅は貯められなかったけどいつの間にか貯まってた),
沖縄でも行ってくるか.

今しかできないこと行けないとこ,やらねば行かねば.
スポンサーサイト
ウィーン旅行記①
帰ってきました、ウィーンから。
大きなハプニングもなく成田に到着。
と、思ったら、ここでこの旅一番の事件が!
俺の荷物、出て来ない。
初めてクレームタグを持って,お姉さんに聞いてみたら、
たぶんミラノにある、ってことでした。
ミラノ乗り継ぎで帰ってきたんだけど、荷物を識別してるバーコードが
読めなくて、「読めない荷物エリア」にあるんじゃないか、と。
あぁぁ、着替えがない。土産もない。

まぁ、そんなこんなで帰ってきたのでウィーンの町とドナウクルーズの様子をちょっとだけ写真で載せてみます。

IMGP1040.jpg

ウィーンの町並み。
小さいながらも首都だけあって家がひしめき合う都会なんだけど、
昔ながらの町並みを守り、新しく家を建てるにしても雰囲気を
壊さないように作ってる感じで、どこを歩いてても「旅をしてる感」が味わえる街。

音楽の都だけあって、色んなところで音楽を演奏してる人がいる。
みんなとにかく自由!
平日の昼間っからそこら中に並ぶカフェでビールを飲む人々。
オペラ座という歴史的建造物の前でかなーりいちゃいちゃしてるカップル。
夜10時でも子供が外で遊んでるし。まぁ、明るいんだけどさ。
気温が上がると薄着になっていくおねえちゃんたち。
この街は最高です。

IMGP1140.jpg

地球の歩き方の表紙を飾ってるモーツァルトの像。
王宮の庭園の中にある。
いたるところにモーツァルト。
モーツァルトが住んでいたという家もありました。
子供の頃から父親に連れられて,天才音楽家として活動していた彼が,
本当に自分のやりたい音楽をウィーンに来てやることができて,
人生で一番幸せなときを過ごした家,だそうだ.
モーツァルトチョコはウィーン土産の定番.
スーパーにでも売ってる.
あ,ここのスーパーは夜7時に閉まり,土曜は3時に閉まり,日曜は休み.
日曜は基本的にお店は休み.
もっと働け.

IMGP1178.jpg

シェーンブルン宮殿.
ハプスブルク家の人々が住んでた宮殿.
日本語の音声ガイドテープ付で中を見て回ったんだけど,
世界史をちゃんと勉強してないせいで,いろんな人の時系列の登場順序がさっぱり分からず混乱.
マリア・テレジア,エリザベート,なんとか1世とか2世とか..
部屋が無数にあるんだけど,それぞれを使っていた人によって
やたらお金掛かってたり,質素で仕事を一生懸命してたり,
中国にはまってたり,いろんな人がいたことはよく分かった.
あと,シシィことエリザベートはすごい美人で,今でもウィーンの人々に愛されてるとか.

ここでもモーツァルトが登場.
なんと,あるお姫様(名前忘れた)が,でかい晩餐会かなんかにモーツァルトを呼んでなかったにもかかわらず,
その後モーツァルトが有名になったので,子供時代のモーツァルトを晩餐会の絵に書き加えてしまったという,
卑劣というかプライドが高いというか,そんなことをしたそうです.

IMGP1228.jpg

ちゃんと発表もしましたよ.
でも,前にもチラッと書いたとおり,5人中2人しか発表者が現れず,
ほのぼのを通り越してグダグダな雰囲気の中での発表.
まー,無難に終わり,あとは遊ぶだけ,に早々となったとさ.

続く
Schnitzel, Heurige, Bier und WM, Bitte!
Stephansplatz, Karlsplatz, Swedenplatz ...

Ich liebe Wien!

It´s been quite easy to go around the city by subway and city train.
We go to Stephanplatz, where a super tall and old, famous charch is sorrounded by many funny street performers, everyday.
Nobody in this city seems to pay for subways and trains. So, we still keep using 72-hour free tickets that we bought 3 days ago.

Most food in this city is very delicious except for the breakfast we eat in our hotel every morning.
We had Schnitzel, which is deep fried thin, broad beef, with bier (beer in German) and Heurige (wine produced this year).

We saw a Hard-Gay on a street in front of the Opera House.
He said to us, "Feeeeeeee!" and "Boku wa hard gay desu".
We see many funny people in this city.

My presentatin has been over already.
I was the only person who was present for the session when I started my presentation.
Another presenter came into the room during my presentation and his presentation followed me.
5 people were supposed to do presentations, but only 2 did.
This conference is so funny.

Tonight, we´re going to watch WM (World Cup) at a bar outside beside the Donau River.
We know there´s a hot and cute waitress there because this is going to be the second time for us to go there.
We´re planning to say something funny to the girl in Japanese.
That would be a lot of fun.
From Wien
I´m in an internet cafe in Wien!
It´s crowdy and cool here.

It took 12 hours from Tokyo to Milan, Italy and another 1.5 hours from Milan to Wien.
Thanks to such a long trip, I had no difficulty to fall asleep at night. It seems I have no jet lag.

Breakfast this moring was not really good.
The breakfast was supposed to be American style according to the broucher of the hotel, but It was NOT, I guess it was totally austrian.

We´re walking around the city and taking pictures all the time.
I took a 1-year german class when I was a freshman of my undergrad, but I don´t understand anything in German..

The keyboard I´m typing right now has umraut keys as ö ä ü, funny.

My presentation will be on Monday, which is the first day of the conference. After that, I´ll be just a traveller!
I want to travel to even another coutry like Germany and Hungary, but I don´t have money becouse of fucking expensive Euro€!

I´m going to upload some pictures if I can later.
Auf Wiedersehen!
アメリカ人と壁登り
水曜日といえばW大,かつ,学生デー1000円.
そんなわけでUワールドのクライミングジムへ真昼間から研究室に来てるアメリカ人と後輩連れて行ってきました.

アメリカ人はなんと,クライミング経験者.
しかも日本に来る前にここのジムの存在を知ってて靴を新調して持ってきやがった.
抜け目ないやつだ.
長い手足とパワーでかなり鮮やかに登ってた.

もうすっかりアメリカ人と仲良し.
アメリカ人らしからぬ(偏見)まじめでいいやつ.

では,明日から音楽の都ウィーンへ逃亡してきます!
スーツケースはまだ空っぽ….
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。